真夏の危険地帯17

back next  top  Novels


「びっくりした~!」
「いっきなり、何の前触れもなく出てくるんだもん!」
「でもずっとGENKIファンやったのも、あれを待ってたのよ!」
「そ、いつか戻ってくるって信じてた!」
 カウンターに陣取ったOL二人連れは、さっきからカシマシイことこの上ない。
「わーん、もうサイッコウだったよぉ~、元気~!!!」
 昼過ぎにドアを開けるなりそう言って伽藍に入ってきたこの二人には、「えーー、何のことだか~」などとしらばっくれても全く無意味なことは元気もよくわかっていた。
「結成当初からライブに通い詰めてたうちらをごまかそうたって、そうはいかないって」
 確かに、名前は思い出せないが、この二人の顔は元気の記憶にもあり、ハハハ、と空笑いするしかない。
 ネットでライブが流れて以来、こういう客がチラホラ。
 早速携帯でみっちゃんに文句を言ったものの、「そんなこと言ったって、ネットでそんな大騒ぎになるなんて、予想はつかないしな。いやあ、去年は幻のギタリストとかって勝手に噂建てられたし、今年は謎のギタリストか。元気も苦労するよな」とのらりくらり躱されてイライラが倍増しただけだった。
 とめどもなく「GENKI」関連のおしゃべりを繰り広げている二人は、会社の同期で夏休みを取ってわざわざこんな辺鄙な街にもかかわらず、元気の店にやってきたらしい。
「まあ、元気だってこと隠したい事情があるんなら、黙っててあげるから」
「でもさ、またやるでしょ? だって、元気のいないGENKIなんて、やっぱ嘘っぽいんだよね~」
 仕方なく元気は黙って二人の前に、紀子にも太鼓判を押された特製コーヒーゼリーを置いた。
「サービスです」
 にっこりして見せる。
「わあ、嬉しいっ! だから元気大好き!」
 賄賂を堪能している二人の背中をチラ見して、「なーにが、だから元気大好き、よ、とっとと帰ればいいのに」とテーブルを片付けながら紀子がボソッと呟いた。
「うそ、美味しいぃい!!」


back next  top  Novels


にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ

ようこそ、お立ち寄り有難うございます。お気楽ハピエンBL小説です。