真夏の危険地帯3

back next  top  Novels


 黒のベンツは人知れず横浜ベイアリーナを出ると、横羽線を走り山下町へと向かった。
「ふう、死ぬかと思った……」
 ブロンドのかつらやベネチアンマスクを控室で外し、後部座席に乗り込んだギタリストは大きなため息をついた。
「大丈夫ですか? 何かすごかったですね」
 ハンドルを握る葛城はバックミラー越しに後部座席へ声をかけた。
「その敬語調はやめてくれよ。学年同じだろ?」
 ギタリストはまた一つため息をついた。
「まあ、浅野さんとは学部同じだけど、岡本らのことはたまに遠目に見たことがあっただけだからな」
 周りから岡本などと呼ばれることは久しくなかったので結構新鮮ではあったが、何となく背中がむず痒い。
「岡本ってのも呼ばれ慣れてないから。元気でいいって」
「しかし、超極秘機密条項なんだろ? 今回のライブ出演もサプライズで、YBCテレビが録画した昨日じゃなくて今日、東京じゃなくて横浜じゃないとダメ、元気だと絶対バレないようにしなければ出演しないっていうし、どんな大物かって思ったけど、今日のパフォーマンスを見ればロックとかに縁がない俺でもさすがに君がすごい実力の持ち主だってことはわかるよ」
 涼子が葛城を伴って元気の店、「伽藍」に現れたのは五月のことだった。
「新入社員の葛城くん、弁護士なの」
 ガタイは大きいが気の良さそうな目をした男に、元気はわずかに見覚えがあった。
 それより光彦ではなく涼子の出現に、元気は何やらうさん臭さを感じざるを得ないでいた。
「ちょっと内内で話したいことがあるんだけど、いつならいい?」
 有無を言わせぬ涼子の言葉に、元気はいよいよ眉を顰めた。


back next  top  Novels


にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ

ようこそ、お立ち寄り有難うございます。お気楽ハピエンBL小説です。