真夏の危険地帯32

back next  top  Novels


 別れなど考えもしなかった元気は何も言葉を返せなかった。
 傷心を抱えて当時よくいりびたっていた医務室に行くと、赴任二年目の若い校医が言った。
「振られたか?」
 このヤローとも思ったが、元気がため息をついて丸椅子に腰を降ろすと、見てくれがよくて言動がちょいワルなところがいいと女子に騒がれている不埒な顔が近づいてきた。
 えっと思った時にはキスされていた。
「ショック療法」
 ニヤリと笑った顔は久しぶりに思い出してもやはり忌々しい。
 くっそ、余計なことまで思い出したじゃないか!
「ありがとうございました」
 仲良く店を出て行く可愛い後輩カップルを見送りながら、あの時お蔭で確かに割とスッキリとして三年を迎えられたのだと、すっかりノスタルジックに浸ってしまった元気は苦笑いする。
 いつか二人が離れることになるとか、前に何が待っているかなんて気にもしないで一生懸命なのがピュアな恋というやつだろう。
 ピュアな恋……ね
 心の中で呟いた途端、元気はいきなりリアルに引き戻される。
 ピュアな……
 そう、最初あいつらを見た時、そんなことを思ったんだ。
 優花は豪のことが本当に好きってのがもう全面に出ていて、身体はでかいくせに、はにかみがちに笑う豪とは幼馴染み、ちゃんとつき合い始めたばかりだと、優花は幸せそうに笑ったのだ。
 あいつらを別れさせようなんて思っても見なかったはずなのに。
 そんなピュアな二人に割り込んだのは俺。
 それこそ来るもの拒まずで、それこそチャラ男だったかもだけど、不倫とかフタマタとかきらいだったし、まさか優花から豪を取り上げることになろうなんて。
 悪いのはちゃんとはっきりさせなかった自分だ、元気を勝手に好きになったのは自分だからと豪は言うが、自分に非がないわけがないと元気はわかっている。
 起きるべくして起きてしまった結末に、そしていろんな感情のせめぎ合いから、あの時、元気はこの街に逃げ帰ったのだ。
 結局、豪は元気を追いかけてきて、元気は豪を受け入れてしまったのだが。
 元気の中でわだかまりが未だに燻り続けている。
 優花が今はマサとつき合っているとはいえ、この先どうなるかなんて誰にもわからない。
 豪がいつまで俺に対してあんな一途な目を向けているかなんて。
 お前がいつか俺を見なくなることが、俺のが怖いんだということを、あのバカは知らない。
 別れなんて、いつでも唐突にやってくるのだ。


back next  top  Novels


にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ

ようこそ、お立ち寄り有難うございます。お気楽ハピエンBL小説です。