真夏の危険地帯33

back next  top  Novels


 早めに店を閉めた元気は、リュウの散歩を済ませるとタクシーでみっちゃんの停まっているホテルに向かった。
「山間で、ほんとに隠れ家的。看板もひっそりとしてるし、静かでいい感じ。天井たか……」
 みっちゃんを連れて行ったのは路傍だ。
 奥の小座敷が空いているというので、そこに落ち着いた。
 きゅうりと野菜の酢の物、豆腐のオクラあんかけ、ゴーヤとコーンのさっぱりサラダにナスのしぎ焼きなどがテーブルに並び、ひとまずビールで乾杯する。
「しかし、何か段々オヤジ入ってきたよな」
 テーブルに並んだ料理をしげしげと眺めて元気がボソッと口にした。
「カラアゲだのスペアリブだの、昔はみっちゃんコッテリ系並べてたのに」
「夕べ飲み過ぎたんだよ。まあ、確かに年と共に好みも変わるわな」
 ナスをつつくみっちゃんを見て元気は苦笑いする。
「やめてくれ、まだアラサーだっての」
「お前だろうが、先に言い出したの」
 みっちゃんはジョッキのビールをゴクゴクと飲み干した。
「それで、重要な問題って?」
 そういえばみっちゃんと涼子って、高校時代から続いてるっていう、希少なパターンだよな、まあ、別れたりくっついたり何度目だか知らないが。
 ぼんやりとそんなことを考えながら、元気は一平の濃い顔とは対照的なさっぱり系のみっちゃんの顔を見つめた。
「せっかちだな、元気」
「どこがせっかちだ。もう4時間以上も待った」
 するとみっちゃんはこれ見よがしに大きなため息をつく。
「こんな静かで心地よい空間で、美味いもの食って誰にも邪魔されずに愛しの相手とイチャコラできれば、そりゃ、ゴミゴミした都会で汚れた空気を吸いながらロックやろうなんて思わないさな」
「皮肉ぶちかましてもったいぶってんなよ、俺が聞いてるのは、重要な問題ってやつで……」
 みっちゃんは尚もキリキリした元気の問いをはぐらかすように、店のスタッフを呼んで、冷酒を二つ頼んだ。
「それとアユの塩焼き二つ、トマトとモッツアレラチーズのカプレーゼ、それと里芋のあんかけ、ね」


back next  top  Novels


にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ

ようこそ、お立ち寄り有難うございます。お気楽ハピエンBL小説です。