真夏の危険地帯39

back next  top  Novels


「何だよ、人の気持ちはどうにもならないっていったばっかだろ」
「まあな、俺としては、豪がお前がGENKIに関わるのを邪魔するとかしなければって、黙認してたんだが。なるほど、豪に執念深くここまでお前を追ってこられて住み着かれて、押し切られたと。元気は結構乙女だったわけだ。誰よりも好きくらいじゃいや、オンリーユーじゃないといや!」
「うっせーぞ! みっちゃん!」
 酒が入っていたせいか、この店の空間があまりに居心地がよかったせいなのか、珍しく誰かに自分の心の内を吐露してしまったことが、元気は自分でも意外だった。
 いや、人畜無害なバリアを張り巡らしているがその実お釈迦様みたいに掌の上で人を操るのがうまいみっちゃんに、きっちり誘導されて吐かされたのかもしれない。
 店からタクシーを呼んでもらい、二人は車が来るまで外に出て風にあたることにした。
「やっぱこっちは、夜になるとぐんと過ごしやすくなるな。昼の暑さが嘘みたいだ」
「東京と比べたらな。それにこの辺りは街中より気温が低い」
「言っとくが、お前の音が好きなのは一平のやつだけじゃないからな。でなきゃ、こんなとこまで時間作って来やしない」
 元気は笑った。
「俺の本気を嗤うなよ。まあ、GENKIはやれるとこまでやってみるつもりだしな。だから、お前もたまには非常勤任務をこなせよ。もし豪が邪魔しようもんなら俺は当然阻止するからとは、豪にも言ってある」
「豪に? いつ」
「こないだ、オーストラリア行く前か? お前がライブに出る時は絶対知らせろとかってオフィスに押しかけてきやがって」
「あの、バカ!」
「しっかり手綱を締めておけよ、妙なとこで暴れたりしないように」
 全くあいつは何を考えているのやらと元気はため息を吐く。
「ヤツとダメになったら、今度は正社員になってもらうから、安心しろ」
 ホテルで降りたみっちゃんが、別れ際にそう言って手を振った。
 何が安心しろだ、胡散臭いんだよ、と元気は胸の内で悪態をつく。
「中橋の前までお願いします」
 元気は運転手に告げると、シートにもたれて静かに目を閉じた。


back next  top  Novels


にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ

ようこそ、お立ち寄り有難うございます。お気楽ハピエンBL小説です。