真夏の危険地帯7

back next  top  Novels


 無論最初から何もかもうまくいくわけではなかったが、みっちゃんが虎視眈々と準備を重ね、その広い人脈やネットをフルに使う頭脳戦略は徐々に功を奏し、メンバーは皆同格、ギャラはしっかり頭割りとなって、それぞれ意欲的に活動しつつ、現在に至っている。
「全く、みっちゃんには、何やらされるかわかったもんじゃないな」
 元気は涼子がやって来て、あれよあれよという間に出演することになってからのことを思い出してまたため息をついた。
「みっちゃんて、古田さん? 浅野さんじゃなくて?」
「実は陰で牛耳っているのはみっちゃん。まあ、事務所は浅野が動かしているんだけど、何かって時は背後にみっちゃんがいるわけ。葛城も気をつけろよ。みっちゃん、呑気そうな顔していざとなったら容赦ないから。俺もお蔭でいつの間にやら、契約社員とかにされちまって」
 元気はいつぞやたまたま東京に出向いた際、ちょっと厄介なことにまきこまれそうになったのだが、すかさずみっちゃんに解決策としてサインしろ、と契約書を突き付けられたことを思い出した。
「でも、すごい実力あるし、オリジナルメンバーなんだろ? 一緒にやればいいんじゃないのか?」
「いや、俺はしがない田舎の喫茶店のマスターだから」
「はあ…そう」
 葛城はそれ以上は何も言わなかった。
「いい、うちのメンバーはみんな頑固で独りよがりで我儘で、こうと言い出したらなかなか聞かないから、そこんとこしっかり頭に入れといて」
 涼子にそう釘を刺されているからだ。
 やがてロイヤルホテルのエントランスが近づいてきた。
「忘れるところだった、一平さんからの伝言で、ホテルの最上階にあるバーラウンジに十時ということです」
 元気はそれを聞いて、「は?」と聞き返す。
「何で一平が俺のホテル知ってんの? 一平には教えるなって浅野にも言ってあったはずだけど」
 今回の上京は実のところプライベートでも極秘機密で目的も上京する事すら誰にも教えていない。
 しかも一平って、冗談だろ、またぞろおかしな誤解を招くだろうが。
 ただでさえ、豪のやつ、一平のこと疑ってんのに。
「え、でも一平さんとつきあっているんじゃ……」
「はあ? 何でそんなことになってんの?」
 確かに葛城、ゲイもバイも気にしない男なのかもしれないが。
「いや、だって、こないだ、一平さん俺のこと捕まえて、元気に手を出したら承知しねぇ、俺のもんだとかなんとか……で、俺はそんなつもりはないって。そしたら、ホテルを聞かれて、送る時にその伝言を元気に伝えておけ、と」
「あんのやろお!」
 下手して部屋に乗り込んでこられた日には誤解だけですまないかもしれない。
「違ったんですか? でもステージじゃすごく息が合ってたし、俺はてっきり……」
「はあ、仕方ない、葛城のせいじゃないから。悪かったな」
 エントランスの車寄せで元気を降ろすと、また翌朝新幹線の駅まで送ります、と言い残して葛城はまたベイアリーナへ戻るべくハンドルを切った。
「ったく、何時だよ今……九時過ぎか、よし」
 元気はこの手しかないか、と呟きながらフロントに向かった。


back next  top  Novels


にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ

ようこそ、お立ち寄り有難うございます。お気楽ハピエンBL小説です。