真夏の危険地帯9

back next  top  Novels


 元気はため息をついた。
 誰でも、つまり豪にも遅かれ早かれわかってしまうということだ。
 昨日から北海道で仕事のはずだが。
「逆効果なじゃいか、これって」
 優作が言った。
「顔隠したら人間、余計誰だろうって詮索したくなるし」
「その通り」
 将清が笑う。
「だから、ライブ撮影なんかされるとは思ってなかったんだよ。だからわざわざ、テレビが入っていない今夜にしたってのに」
 ウエイターがやってきたので、将清はマティーニ、優作はミモザを頼むと、元気もマティーニを追加オーダーした。
「ってか、もっと早く連絡しろよ。慌てただろう、ここ十時半ラストオーダーだぞ」
「いや、時間ないかと思ってたから」
 将清に指摘されて元気はぼそぼそと言い訳した。
 実のところ二人には申し訳ないが、一平とさしで逢うというのを避けたかったというのが大きな理由なのだ。
 もちろん、大抵上京した際は「GENKI」の面々よりは二人と会うことにしているのだが。
「五月にいきなり浅野がやってきて、ちょっとだけでいいから出てくれって。契約社員なんだからそのくらい当然とか何とか……」
 元気が仔細をかいつまんで話すと、二人は笑った。
「浅野さんってやり手だよな。独立してからぐんぐん伸びてるし、会社の方も」
 感心したように優作が言った。
「浅野もだけど、だから何かっていうと裏でみっちゃんが糸を引いてるんだよ」
「確かに、みっちゃんって得たいが知れないところあるよな」
 将清が笑った。
 カクテルが運ばれてきたので乾杯し、最近の状況などをそれぞれ口にする。
「もう、やんなるよ、この連日の猛暑ン中、嫌味な評論家の原稿取りに行ったりした日には」
 こぼす優作に、「なんの、炎天下、球児たちの練習に付き合ってみろ、こっちはいい加減ジジイだってのにさ」と将清も同調する。
「いいよな、元気は、自分の店でのんびり、田舎で」
「勝手に羨ましがれよ。俺はみっちゃんみたいな器量はないから、自分の店をきりもりするのだって、結構たいへんなんだぞ」
 いい加減年もくってきたしさ、と年より臭いことを付け加えて元気はマティーニを舐める。


back next  top  Novels


にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ

ようこそ、お立ち寄り有難うございます。お気楽ハピエンBL小説です。