そばにいたい14

back  next  top Novels


 思い切り面白くなさげに力が喚く。
「やっぱ、ガチで佑人とやりあったら、俺、負けるかも」
 甲本がまたしみじみという。
「呆れた、甲本の頭って、どうしても喧嘩の勝ち負けにいくんだ? そんなんでよく医学部なんか入れたわね」
 呆れた声で内田が言い捨てる。
「え、ウソ、医学部なの?」
 またまた白石が声を上げる。
「そうそう、医学部! バカ大だろうが、医学部は医学部! ちんぷんかんぷんな授業とかあってさ、もうどうしよーかと」
 珍しく心の底からの訴えという感じで、甲本ははあ、と大きくため息をついた。
「アニキに聞けば? 国立医学部出た秀才じゃん」
 どうでもよさげに言って坂本はビールを飲み乾した。
「あのクソ兄貴が教えてくれるもんなら、こんなところでナゲキカナシムかよ!」
「ま、自分でやるんだな。てめぇが選んだ道だろーが」
 力がもっともらしいことを言って、さらに甲本をへこませる。
「あれ、力、タバコやめたんだ? 昔はお酒飲むと絶対タバコだったのに」
 不意に内田が言った。
 そういえばと、佑人も最近思っていた。
 力だけでなく、いつ頃からか坂本も吸っているところを見たことがない。
「んな、身体に悪いもんやるのはコーコーセーまでって決まってっだろ」
 あたりめを口にしながら、坂本が代わりに答える。
「呆れた、何その言い草。まさか甲本も? 灰皿がない」
「何だよ、そのまさかってのは。お前、医学部行くのに身体に悪いコト、やれっかよ。しっかし、周り、タバコのタの字も知らねーよーな、ぼっちゃん、じょーちゃんばっかで、さすがに疲れんだよな、甲本医院のおぼっちゃまくんでいるの。東じゃねーが」
 内田がケラケラと笑う。


back  next  top Novels


にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ

ようこそ、お立ち寄り有難うございます。お気楽ハピエンBL小説です。