そばにいたい5

back  next  top Novels


 口々に勝手なことを言う三人に、さすがにもう怒りは感じないが呆れていた。
 二人の女子大生のことは、その話し方から少し思い出した。
 中三の時のクラスメイトで、トイレで佑人のことをクソミソに言って笑っていた。
「ねえ、渡辺くんもうちのサークル入らない?」
「ああ、そう、映研なんだ、名目上」
「何よ、名目上って、飲み会と女の子目当ては川上くんでしょ!」
「何だよ、お前らだって、T大で男見つけるとかだろ?」
 そんなものか。
 彼らにとっては既に昔々の出来事でしかないのだ。
 というかそんなことはもう忘れているのだろう。
 大抵イジメられた方は覚えていても、イジメた方は覚えていないものらしい。
「お待たせ、って、佑人、知り合い?」
 戻ってきた坂本の言葉で佑人は我に返る。
「ああ、中学の時の……」
 佑人の言葉を遮って、女子大生二人は今度は坂本に駆け寄った。
「あ、まさか、雑誌とかに出てません?」
「きゃあ、ウソ! ナマ、リュウセイ!?」
 坂本は二人を見おろして、にっこり。
「感激だな、君らみたいな可愛い子に覚えてもらえて。俺、文一だけど、君らは? 佑人と同じ理二?」
 え、と二人は一瞬固まった。
「い、いえいえ、あたしたち、ここの映研サークルで」
「大学は聖城なんです」
 聖城女子といえば、お嬢様で有名で私学では結構もてはやされることが多い。
 T大の男子学生にももちろん人気が高いのだが。
「何だ、そうなんだ」
 坂本にしては女の子に珍しく見下すような言い方をして、「そろそろ行こうぜ、佑人」と促した。


back  next  top Novels


にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ

ようこそ、お立ち寄り有難うございます。お気楽ハピエンBL小説です。