そばにいたい9

back  next  top Novels


 甲本が中古のジープを買った話から俄然、話題は車の話になり、啓太が学科で三回落ちた話題にみんながからかって笑う。
「一年経っても受からねーかと思ったぜ」
「ちゃんと免許取れたんだから、いいだろ!」
 啓太がむくれると、みんながまた笑う。
「あーやっぱりー! どっかで聞いた声だと思ったー!」
 男たちの笑い声に、唐突に高い声が混じった。
「うお、内田じゃねーの、と、そっちの美人はオトモダチ?」
 早速甲本が反応した。
「やだ、甲本、オヤジ度がまた高くなったんじゃないの? 目がエロいわよ!」
 ノースリーブの胸元があいたカットソー、それに長くなった髪とメイクが、こちらははっきりとした美人度をあげていた。
 確か薬科大に進んだはずだが、高校の時、力とつき合っていたことがある。
 何かと佑人も彼女には関わったこともあった。
 美人が二人もいたらすぐ一緒に騒ごうよ、というのが普通なのかもしれないが、せっかく仲間で楽しんでいるのに、と佑人はつい思ってしまう。
「何だよ、二人?」
「まだ来ないのよ、あと二人」
「んじゃ、そいつらくるまで、おい、詰めて詰めて」
 結局、甲本の横に内田が座り、坂本の横に座った、ふわりとした雰囲気の可愛い系美人は、「白石でーす」とみんなに笑顔を振りまいた。


back  next  top Novels


にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ

ようこそ、お立ち寄り有難うございます。お気楽ハピエンBL小説です。