小草生月某日-1

next  top  Novels


 欠伸をした途端、眼鏡がずり落ちそうになり、千雪は煩わしげに緩慢な動作で眼鏡を押し上げた。
 最初に作った眼鏡はとにかくゴツさばかりを考えたので重くて、しばらくしてから少しでも軽い素材のものに変え、最近は超軽量弾力樹脂素材のものを使用しているのだが、眼鏡自体が大きい丸眼鏡なので探すのも一苦労だ。
 時折、息抜きにこの面倒なコスプレを脱ぎ捨てて外を歩くのだが、そういう時だけ本来の自分に戻った気分になる。
 だが考えてみると、それというのはただ京都にいた頃の自分に戻った気分なわけで、懐古主義というよりは後ろ向きな本性を裏打ちする以外の何者でもない。
 たまに何もかもがウザくなっていっそ京都に戻ってしまおうかなどと思うこともあるのだが、仮に物書きだけに専念するとして実家に戻ったとしても、自分以外の全てがとっくに変貌してしまっているのだ。
 それぞれの時間がそれぞれにあるわけで、それはもう戻ることはない。
 二月に入って既に半月ほどが過ぎた。
 寒気団は相変わらず関東地方に居座っていて、窓から外を見ると、時折冷たい霙まじりの雨がぱらついている。
 翌月に試験はあるものの、宮島教授は千雪に対してもう既に博士課程に進んだような扱いで、よもや研究室からいなくなることなどほぼ一パーセントもあるとは考えていないようで、千雪にしてもあえてそれを否定するつもりはないのが実情だ。
 お陰で月間の女性誌で連載中の原稿を半徹夜で上げたばかりというのに、教授に頼まれた調べ物をするべく、千雪はこうして図書館の埃くさい片隅を陣取っているわけだった。
「要は現実逃避やな。けど、どっちが現実逃避なんやろ……」
 周りに人がいるとは思わず、千雪はつい口にした。
「悩みがあるなら、いくらでも聞くけど?」


next  top  Novels


にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ

ようこそ、お立ち寄り有難うございます。お気楽ハピエンBL小説です。