花を追い1

next  top  Novels


 東京の桜は昨日の雨でほぼ葉桜になった。
 開花は早かったが、気温が低い日が続いたためゆっくりと満開になり、長く人の目を楽しませてくれた。
 四月も半ば、花が終わると気温が急上昇し、今度は厄介な花粉の季節がやってきたのである。
 ここ乃木坂にある青山プロダクションでも、毎年花粉と戦い続けている人が約一名。
「今朝、うっかりお薬を飲むのを忘れてしまって……」
 マスクに赤い目で現れた鈴木さんは、くしゃみを連発しながら自分のデスクに行き、ティッシュボックスを横にパソコンの電源を入れる。
「今さっき飲んだので、もう少ししたらマシになると思うんだけど」
 今日は昨日とは打って変わって快晴、花粉がいつもより多く飛んでいる。
「あ、コーヒーのセット、俺やりますから」
 キッチンに立とうとした鈴木さんを、良太は気の毒そうに見た。
 広瀬良太、青山プロダクション入社四年目にして、万年人手不足の会社にとって社長秘書から運転手、雑用係からプロデューサーまでをこなす、今やはなくてはならない存在となっている。
 花粉に悩まされている社員や所属タレントも数名いるので、かろうじて良太は免れているが、毎年花粉症に見舞われている彼らを見ていると、こちらも何やら落ち着かなくなってしまう。
 駒澤大学から徒歩十分ほどのアパートに娘と住む鈴木さんは、かつて夫のDVから逃れるために娘と息子を連れて弁護士の小田を頼り、夫とようやく離婚したものの、結婚してから専業主婦だったために仕事を探さねばならず、小田にこの青山プロダクションの事務を紹介されたという。
 結婚前に会社勤務をしていたのでパソコンもある程度はできたのだが、入社後に自力でソフトを勉強し、今では会社の経理を任せられるようになった。
 もともとは地方の裕福な家の出らしく、どこかおっとりと品がいい。


next  top  Novels


にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ

ようこそ、お立ち寄り有難うございます。お気楽ハピエンBL小説です。