花を追い7

back  next  top  Novels


 スター選手だからと沢村が思い上がった態度だというのはマスコミが勝手に広めた話で、実際はイエスノーをはっきり言う性格なだけなのだ。
 今回のようなダダコネをするとそのことばかりが取りざたされてあいつは傲慢だとか言われてしまうだろうが、沢村を知っている者ならそんなワガママを通そうとするのは佐々木絡みだからなのだとわかる。
 だから許されるというわけではないが、今までの恋人であれば沢村は隠そうともしなかったし、もっと余裕で構えていたに違いないのだが、男だからとマスコミに知られるのを気にして佐々木が頑なにシーズン中はなるべく会わないようにしているらしい。
 会いたいのに会えないと沢村が焦るのも良太としてはわからないではないのだが。
 佐々木が東京の一等地にある土地の三分の一を税金対策のために売ることにした時も、沢村が密かにその情報を仕入れて扱っている不動産屋で即購入してしまったことが佐々木にバレて怒らせ、果ては良太に泣きついてきた。
 結局当人同士で何とか和解したようだが、その土地に自宅としてちょっとした和風家屋を建てようと画策していることはまだ佐々木に話していないらしい。
「とにかく、この忙しい時にあれやこれやを俺に持ち込むなよ!」
 会いたくても会えないとか、そんなのいくらでもあるんだし。
 モヤモヤは良太の中にもある。
 俺だって工藤に会いたいんだよっ!
 昨日までドラマロケで北海道にいた工藤とは、ここ数日顔を合わせていない。
 沢村のお蔭でまた良太は頭の隅にあった引っ掛かりに辿り着いてしまった。
 へえ、と思ったのはネットのエンタメ情報だ。
 この四月から放映が始まった大手芸能事務所の人気アイドル本谷和正主演のドラマの視聴率が微増ながら右肩上がりだという。
 工藤が古い付き合いのディレクターから頼まれて不承不承プロデュースに関わったというMBCと大手広告代理店が絡んだドラマで、当初は昔の工藤ならとっくに降ろしているだろう下手糞な若手タレントを人気だけで主役に置いたろくでもないものだと口にしたことがある。


back  next  top  Novels


にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ

ようこそ、お立ち寄り有難うございます。お気楽ハピエンBL小説です。