ほんの少し届かない 1

next  top  Novels


     act 1

?

『月の女神アルテミスって感じ?』
 
 夏も終わり頃、青山プロダクションに広告代理店『プラグイン』の藤堂がやってきて、プロダクション所属の看板女優中川アスカを起用する化粧品のCFの話をしていたときのことだ。
 良太がぽろっと口にしたアスカのイメージを、それだ! と藤堂が受けて、この冬からオンエアされているそのCMがなんと結構な評判なのである。
 頭上にはプラグインのデザイナー西口浩輔デザインになる冠、ギリシャ神話の女神のごとく白いローブの衣装をまとい、銀の弓に矢をつがえて立つその美しさに、巷に貼られたポスターが盗まれるまでの人気となっている。
 
 
 
 
「プランニング料、ちゃんとお支払いするからね、良太ちゃん」
 美味で知られるパンプキンムースを手に携えてヒットの報告にオフィスを訪れた藤堂はほくほくの表情を向けた。
 窓の外は晴れているが、この冬一番の寒さだとテレビで気象予報士が伝えていた。
 この青山プロダクション社長である工藤がニューヨークのエリートビジネスマンといった態なら、上等のツイードのコートに品のよいマフラーをして現れた藤堂は育ちのよいロンドンのジェントルマンといった風情だろうか。
「えー、いいですよ、そんな」
「ビジネスに遠慮は必要ないよ」
 へへへ、とちょっと苦笑いするも、既に良太はとろけるムースについ夢中になっている。
「前にやったエレガントなCMはそこそこだったのに、なーんで今度のばっか」
 ヒットしているというのに、明らかに不機嫌そうにムースをつついているのはCMに出演している当のアスカだ。
「そりゃ、カッコいい勇姿にみんながガツンときて…」
 言いかけた良太の前に、アスカが持っていた雑誌をバサッと置いた。
「雄雄しい力強さを感じさせる横顔、中川アスカの真骨頂?! 何よこれ!? 冗談じゃないわ! 『週間日本』のライター、今度みかけたら一発お見舞いするくらいじゃおさまらないわよ!」
「へ? どうして? だって、えらく褒めちぎってるじゃないですか。どこまでも凛々しい女神は必ず狙った獲物をしとめるという。次に狙うべきターゲットもおそらく逃すことはないだろう………」
 バン! とアスカはテーブルを手で叩く。
「先週はこいつ、尾花沢菜美のことを可愛いのにエレガントだキュートだ、小悪魔的な微笑を浮かべながら品のよさをうかがわせるだ、散々歯の浮くような美辞麗句を並べ立ててたのによ!」
「でも、このライター、結構誠実に書く人みたいだし………」
 スプーンを手にアスカの顔を見た良太は、次にアスカの後ろで笑っているマネージャーの秋山を見てようやくそれ以上言わないほうがいいことに気づく。
「だいたい、良太が余計なこと言ったからいけないのよ!」
「まあま、いいじゃないですか、CMはヒットしてるんだし、アスカさん、仕事のオファーが殺到してるんでしょ?」
 今度はそこへ口を挟んだ藤堂に、アスカのきつい視線が向けられる。
「くだらないものがわんさかね」
「いや、おかげさまで骨太のものもいくつかありますよ、中には」
 藤堂に答えた秋山は、まだ機嫌のおさまらないアスカをせかして次の仕事に向かった。


next  top  Novels


にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ

ようこそ、お立ち寄り有難うございます。お気楽ハピエンBL小説です。