このオヤジはよ~(Buon Viaggio!)1

next  top  Novels


    プロローグ
  

 まーったく! すぐああだもんな!
 
 
 ぷりぷりしながらホテルの部屋に戻ってきた良太は、思わずベッドに蹴りを入れる。
 ミラノでも超一流のホテルの一室。一人だったら到底泊まるなんてこと考えもつかないだろう、広い寝室やリビング、それにバスルーム。
 これでいわゆるデラックスツインだという。
 バルコニーに出て、少し風にあたっていると、ようやく怒りも少しおさまってくる。
 何を怒っていたかって、答えはひとつだ。
 あのエロオヤジ!
 今更ながらにイタリア語をもっと勉強してくればよかったと思う。
 といっても、急遽こっちにくることになった良太に、イタリア語なんか習得する時間などなかった。
 腹立ち紛れに、ここに帰る前に寄った店で買った、ミネラルウォーターの蓋を取ると、ぐいっとあける。
 暑いのでガス入りがスカッとするだろうと買ったのだ。
 が……………。
 ぷはーっと三分の一ほど一気にあけて、一息ついた良太は、喉ごし涼やかなはずが、何だか体が温かくなってくるのを感じて、思わずボトルのラベルに見入る。
「ひょっとして……これって…」
 気がついたときはもう遅かった。
「そういや、あの店のオヤジ、何か言ってたっけ……、マジかよ~」
 イタリア語で捲くし立てられて、買ったボトルの中身はスパークリングワイン、イタリア風に言えば、スプマンテ。
 途端、頭がくらくらしてきた良太は、寝室に行くと、ボトルをテーブルに置いて、ベッドに大の字になる。
「ちぇ、なんだよ~ぉ! くどーのばかやろ~」
 声を大にして喚くと、眠気が襲ってきて、良太は知らず夢の世界に引き込まれていった—————————————-。


 
next  top  Novels


にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ

ようこそ、お立ち寄り有難うございます。お気楽ハピエンBL小説です。