このオヤジはよ~(Buon Viaggio!)3

back  next  top  Novels


「どうせ俺はバカですよ」
「昔の女のことなんか持ち出して何の得がある」
「とか何とか、その昔の女とまんざらでもなかったくせに」
 工藤はふん、と鼻で笑う。
 良太は工藤を振り返る。
「何がおかしんだよっ!」
「それで加絵を妬きまくってたのか?」
 良太はかぁーーっと頭のてっぺんまで真っ赤になる。
 そんなところは可愛いものだ。
 工藤はまた笑う。
「言うに事欠いて、何だよっ、その言い草は」
 ふいにキスが良太の唇をかすめる。
「騒ぐな。周りにはた迷惑だ」
 工藤はもう言葉もなくなった良太に、ニヤリと笑った。
 


back  next  top  Novels


にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ

ようこそ、お立ち寄り有難うございます。お気楽ハピエンBL小説です。