願いごと 1

next  top  Novels


 車に戻る工藤の背中がほんの少し落ちてみえたのは、気のせい?
 俺がいなくて少しは寂しいのかも、なんて、単なる希望的思い込みかなぁ――――――。
 
 
 熱海に着いたのは昼を少し回った頃だ。
 新宿から小田急ロマンスカーで小田原まで約一時間、東海道線に乗り換えて三十分。温泉街は東京よりも随分温かかった。目指す旅館は駅からタクシーで五分だ。その旅館の裏手に従業員宿舎がある。良太は二階建てアパートの201号室のチャイムを押した。
「まあ、寒かったでしょう。さあさ、早く中へ入って」
 満面の笑顔で出迎えた母は、正月に帰る子どもたちのために腕を揮って御節を作り、待ってくれていた。両手一杯の手荷物を下げて玄関を入ると、炬燵で父が「おう、よく来たな」と良太に声をかけた。
 宿舎は部屋数が十戸、全室1DKだが、贅沢をいわなければ良太や亜弓も十分泊まることもできる。静岡の大学に通う亜弓は寮にいるし、家族揃うのは盆か正月だけであるが。
 川崎で小さな自動車修理工場を営んでいた良太の父良一が家も工場も差し押さえられて、逃げるようにこの地に来て四年とちょっと、父も母も、毎日温泉につかっているせいか、肌もつやつやして以前よりも健康そうにみえる。
「お兄ちゃん、アライグマのスープ皿、持ってきてくれた?」
 キッチンで吸い物を作っていた妹の、久しぶりの第一声はこれだ。
 良太はうっと言葉に詰まる。
「それが……」
「ちょっと、まさか、忘れたとか言わないわよね?」
 可愛いけれどもどちらかというと良太よりほんの少し、いやかなり気が強い亜弓がきりりときつい視線を投げかける。
「何ですか、亜弓、新年早々」
「だって、あれ、キャンペーン期間限定なのよ! どこにもないのよ、手に入らないのよ!」
「悪い、仕事がたてこんでて……行ったらもう期間過ぎちまってて……」
「お兄ちゃんのバカ!! 絶対大丈夫だとか言ったくせに!!」
 おそるおそる言い訳する良太に、亜弓が容赦なく責め立てる。
 コンビニでやっていた『ポイントをためてアライグマのスープ皿をもらおう』キャンペーン。亜弓の忘れずにゲットしてね、の電話に、おう、まかせとけ、と調子よく良太は応えたのだが。
「ごめん!! あのさ、代わりにミッキーのクリスマスプレート、買ってきたからさ」
「いらない!! そんなの!! あたしはアライグマのお皿が欲しかったのに!!」
 良太は平身低頭でなだめようとするが、亜弓は良太の言葉など聞こうとしない。
「亜弓、お兄ちゃん、仕事で忙しかったのよ、わがままも大概になさい!」
 母の一喝にも拗ねた亜弓はお玉を持ったまま、座り込む。
 いや、仕事が忙しかったのもあるけど、それよりな、と少々良太は後ろめたい。
 皿をもらう時間など作ろうと思えば作れたはずだが、工藤と喧々囂々の状態だったせいで、すっかり忘れてしまっていたというのが正しいのだ。
 


next  top  Novels


にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ

ようこそ、お立ち寄り有難うございます。お気楽ハピエンBL小説です。