みんな、はっぴぃ!10

back  next  top  Novels



 そばにいた良太の方が何やら慌てている。
「なーに、ちょっとしたものでいいんですよ、今持ってるペンとかでも」
「ペン……やと、あまりにヒンソやし」
「ほんとに行く気ですか?」
 良太が心配そうにたずねる。
「ええやん。良太も行くんやろ?」
「行きますけど…」
「じゃあ、寒空に立ち話もなんですから、車へどうぞ、お二人とも」
 藤堂が二人を促して、後部座席のドアを開ける。
 小林が先に、続いて良太が乗り込むと、藤堂はすぐにハンドルを切る。
「ところで、鴻池さんが次の映画になんて言っていたので、俳優さんかモデルさんかと思っていたんですが、小林さん、じゃあ『青山プロダクション』に入られるとか?」
「だから、そういうんじゃないんですってば」
 藤堂が小林に訊ねると、良太が口を挟む。
「じゃあ、どういうのなの? 良太ちゃん」
「だから、うちの社長の知り合いなんですって」
「工藤さんの?」
「ええ、工藤さんには昔から仕事のことで世話になっていて」
 小林が答える。
「仕事、というと?」
「物書きなんです」
「あ、なるほど。だから鴻池さんとも親しいとか?」
「鴻池さんはたまたま大学のOBってだけですよ」
「というと、T大ですか? だから、良太ちゃんも知ってるわけだ」
「ええまあ」
 小林の答えは曖昧だ。
「藤堂さん、詮索はそのくらいにしてくださいよ。小林さんはうちの社長の大事な方なんですから」
 良太の答えに藤堂は益々納得できない。
 だって、工藤さんの大事な人ってのは、違うだろう?
「わかったよ。でも、名前くらい教えてくれてもいいのでは? 小林さんじゃ、どこの小林さんかわからないだろ?」
「だから、それは………」
「すみません、プライベートなので、今、名刺を持ち合わせていないんですが、小林千雪といいます」
 言いかけた良太の言葉を遮って、小林が答えた。
「え……?」
 藤堂は耳を疑う。


back  next  top  Novels


にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ

ようこそ、お立ち寄り有難うございます。お気楽ハピエンBL小説です。