Born to be my baby-デレクとルカ17

back  next  top  Novels


 その時、思いきりよくドアが開いて、今年入ったばかりのギィが飛び込んで来た。
「ラコスト部長! たった今バスチーユ広場の北で爆破騒ぎがありました!!」
「何だと?!」
「幸い、周りに人影はなく、被害はなかった模様ですが…。その件で部長、総局長がお呼びです」
「こっちがなかなか返事をしないから、やつら業を煮やして動き出したか。ちょっと待っていてくれ」
 ラコストは足取りも重く部屋を出て行った。
「ラコストのやつ相当参ってるな」
 デレクがラコストの背中に憐憫の視線を向けた。
「NASAと『カフカ』との板ばさみだから、心中察するにあまりあるな」
 十五分程するとラコストが戻って来た。
「やつらは総局長直々に動画を送りつけて来た。さっきの爆破は小手調べだと。猶予は二日とかぬかしている! 」
 ラコストはその動画を再生させた。
 バスチーユ広場が爆破された様子が流れ、最後に男の声で猶予は二日だ、と言ったところで画面が途切れた。
「だからって、ルカにDr.Cになれってのは納得いかねえ」
 デレクはラコストを睨みつけながら言った。
「ほかに選択肢はない」 
「わかったよ! だったら、その役、この俺がやってやらあ!」
 ルカもラコストもデレクを見た。
 だがすぐにラコストはため息をついて頭を横に振った。
「静かに聞け! お前と違ってルカはいかにもエリート然として、科学者にも見える。それに潜入捜査が初めてというわけではない」
 言われたデレクは言葉に詰まる。
「お前とは違うんだ。ここが」
 ルカは自分の頭を指して苦笑する。
「ルカ!」


back  next  top  Novels

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ