Born to be my baby-デレクとルカ4

back  next  top  Novels


 リッターはその時ぼんやりと、マルガレーテがゆっくりバッグから何かを出すのを見ていた。
 その時だ。
 バン! と寝室のドアが開いて、両腕を二人の男に取られた娘のリリーが突然彼の目の前に現われたのだ。
 リッターは、口をあんぐり開けたままよろよろと立ち上がった。
 リリーは恐怖で口も聞けないほど戦いていた。
 男の一人がリリーのこめかみに銃を突き付けている。
「何をする気だ? きさまら! マルガレーテ! 君は!?」
 マルガレーテがポケットから取り出したのは、9ミリ拳銃だった。
 彼女はリッターに銃口を向けた。
「プログラムの開き方を教えていただきたいのよ。本当にもう、おマヌケさんたちばっかりで困っちゃうわ。パスワードは? ご存じのことを教えてくださらない? Dr.リッター」
「きさまらか! きさまらか! よくも妻を! 娘を離せ! 私は何も知らん!」
「何か知ってらっしゃるでしょ?」
「私は知らん! パスワードも何も! 第一あれは、Dr.C本人でなければ開かない。NASAの宇宙局長官の話だ。だからDr.Cがいなくては、あんなもの役にたたんのだ」
 リッターは喚くように言った。
「本当?」
 マルガレーテが聞いた。
「本当だ! 早く娘を離せ! 出ていけ! 私の家から失せろ! ウジ虫どもめ!」
「分かったわ。今出ていくわ。Auf Wiedersehen! Dr.リッター」
 彼女がそう言ったのを聞くか聞かぬかの内に、リッターは胸に痛烈な痛みを感じた。
 マルガレーテの銃が火を噴いたのだ。
 薄れようとする意識の中で、男が突き付けていた銃が娘の頭を撃ちぬいたのがリッターにもわかったが、彼の身体は悶えながら絨毯の上にくずおれていった。


back  next  top  Novels

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ