ミュンヘンへ行こう ーハンスー 14

back  next  top  Novels


「フン、バッカみてぇ」
 グイッとカクテルを飲み干したロジァは、中に戻ろうとした。
 すると不意にハンスがロジァの腕を引いた。
「車、好きなんだろ? レースにも来てたし。乗ってみるか?」
「え?」
 ロジァは胡散臭そうにハンスを見る。
「だれにも引かないってとこが、気に入ったよ、坊や」
 ハンスは素早くロジァの唇をふさごうとした。
 ロジァは驚いて、咄嗟にハンスを押し戻す。
「何すんだ、てめー!」
「お近付きになりたいだけだぜ。俺と付き合わないか?」
 予想もしない科白にロジァは一瞬言葉を失った。
「バッカじゃねーの? てめー」
 ロジァがさらに何か言おうとした時、ドアが開いた。
 立っていたのはアレクセイだった。
「ホストがいなくなっては困るだろ?」
 アレクセイはハンスに言った。
 みんなに囲まれてはいても、ロジァの居所は常に目で追っていた。
 ロジァは何も言わずに彼の傍を通り抜けて中に入った。
「どうしたんだ?」
 アレクセイは一応ハンスに問いただす。
「口説こうとしたが失敗した」
 アレクセイはドキリとする。
「俺の気をもませるな。同僚ってだけじゃない、大事な上司の息子なんだ」


back  next  top  Novels

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ