ミュンヘンへ行こう ーハンスー 16

back  next  top  Novels


 ざわわっとホール内が注目する。
「どなたです? そのカードは?」
「フランツ・フォン・シュタウヘン」
 一気に皆の目がフランツに集中する。
 フランツはピアノの横に立つ。
「アレクセイ、言っても構いませんか?」
 フランツが聞いた。
 皆は、早く言え、とばかりに騒めき始める。
 ハンスがもう一度アレクセイに尋ねた。
「発表するかい?」
 ロジァは思わず、息を飲んだ。
 フランツの奴……!
「それはちょっと……困るな」
 しばしの沈黙の後、アレクセイは口を開いた。
「じゃ、車は俺のもんですね、ハンス! つまり俺が言おうとした相手を本命と認めたんだから」
 フランツはしてやったりという顔だ。
 しかしホール内からブーイングが巻き起こる。
「言えよ、フランツ、言っても構わないだろ?」
「知りたいわ、誰なの?」
「暗黙の了解じゃ、納得がいかない!」
 あちこちからそんな声があがる。
 それをハンスは制して、
「まあまあ、それではフランツ、せめてヒントだけでも教えてもらえないかな?」
 場内はしんと静まり返る。
「ヒント……ね」


back  next  top  Novels

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ