ミュンヘンへ行こう ーハンスー 24

back  next  top  Novels


 しかも、そこには険しい顔をした三人が立っている。
 眉を顰めながらロジァはむっくり起き上がった。
「な……んだよ……せっかく寝ようと……」
「バカいうな!! ホテルに戻るぞ!!」
 アレクセイは怒鳴る。
「俺は明日の朝イチでニューヨークに戻る」
 ロジァは言い張った。
「だったら、一旦ホテルに戻って、朝出たらいいだろう。俺はまだ荷物もまとめていない」
「あんたは、ゆっくりしてくりゃいいだろ? 俺ぁ、ガキじゃねー。あんたのお守りはいらねーよ。心配しなくても、親父にチクって、あんたのクビを危なくしたりはしねぇし」
 途端、アレクセイのスパンクが飛んだ。
「ってー!! 何すんだよっ!!」
「お前がイジばっか張ってるからだ」
「何がだよ?! 厄介な上司の息子が邪魔してたんで、あんた、本命の恋人にも会えなかったんだろ? 俺はそこまで野暮じゃねぇよ!」
 アレクセイは益々怒る。
「お前、よくそんなことが言えるぜ! とにかくさっさと来い!」
 アレクセイはロジァを引っ張り起こし、ロジァの腕を掴んだまま、彼のコートを持って歩きだした。
 ハンスとフランツはそれまで黙って成り行きを窺っていたが、フランツはロジァの荷物を持って後に続いた。
「離せよ!」
 ロジァはまだ抵抗していたが、アレクセイは何も言わない代わりに腕を離そうとしない。
 結局、ロジァは三人に連行され、ハンスの車に乗せられた。
「お前、本当、バッカじゃねーの? ってか、携帯電源くらい入れとけ!」


back  next  top  Novels

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ