ミュンヘンへ行こう ーハンスー 25

back  next  top  Novels


 ハンスが車を出すと、フランツが口を切った。
「何がバカだ! 携帯なんかウゼえンだよ!」
 仏頂面のままロジァはフランツに食って掛かる。
「俺の言った意味、まだ、わからねーのか?」
「だから、何だってんだよっ!!」
「お前のことじゃねーか! エメラルド持ってんの!!」
「ふざけんな!! 俺はそんなもん……」
 言い掛けたロジァの目の前にフランツの指先。
 ロジァはようやくフランツが何を言おうとしているかに気付く。
「てめ…何を…!! つまり、ありゃ、デタラメか?!」
「お前、いい加減にしろよな?」
 ロジァの言葉に今まで黙っていたアレクセイが口を挟んだ。
「何がだよ? 要は、何のかの言いながら、あんたはそいつと遊びたかっただけなんだろ? そいつとは、前っから、ニューヨークでもだったよな? 俺は別に邪魔する気はない。そんなに俺が心配なら、今夜はフランツのホテルにでも行くさ」
 ロジァは何が何でも我を通すつもりらしい。
「そいつは名案だ!! 積もる話もあることだし、そうしよーぜ!」
 フランツも同調する。
「冗談じゃない! そんなこと誰がさせるか!!」
 アレクセイは今度はフランツに怒鳴りつける。
「車は返上して、あんたにやるぜ」
 フランツはニヤニヤ笑う。
「つまり、フランツ、ひょっとして、君は、そのエメラルドの坊やが好きなわけか?」
 三人のやりとりを聞いていたハンスが割って入る。


back  next  top  Novels

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ