ミュンヘンへ行こう ーハンスー 8

back  next  top  Novels


 ハンスの言い出したゲームに皆は大乗り気だった。
 ハンスはゲームの話を持ち出す前に、アレクセイにハッピー・バースデイを言ってから、
「お前には、今、本命の恋人がいるのか?」
 と聞いた。
 アレクセイは思いもよらぬ質問に一瞬戸惑ったが、ロジァとの口論の後でもあり、「いる」と言わざるを得なかった。
 ところがこのゲームである。
 アレクセイは困った。
 無論ゲームであるし、万が一当ったとしても知らんふりを決めこめばいい。
 だが、別の誰かにされてしまったら、今度はロジァがまたつむじを曲げる。
 フランツと目が合うと、ほくそ笑んでいる。
 もしまた、ここでロジァの機嫌を損ねたら、フランツが割り込んでくる可能性もある。
 どうしたものか、とアレクセイは思案に暮れた。
 そんなアレクセイの胸中を知ってか知らずか、ハンスはゲームを進めていく。
「折しも明日はバレンタインデー。勝者となれば、この車に花束だけで愛する人が喜ぶこと請け合いです」
 ホール中にまた歓声が上がる。
「我こそは彼の本命と名のり出ても結構ですが、それが嘘だった場合、罰ゲームが待っています。やり方は簡単、今から配るカードに名前を書いて頂くだけです。勿論ご自分の名前もね」
「ジャッジは誰がするんだ?」
 誰かが聞いた。
「勿論、アレクセイですよ。もしカードの中に本命の名がなかったならば、車はアレクセイのものとなります。ただし、本命の恋人の名を告白したらね」
 ホールはまた騒めく。
「アレクセイの相手は女とは限らないぜ」
 などという声も聞こえる。


back  next  top  Novels

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ