ミュンヘンへ行こう ーハンスー 9

back  next  top  Novels


「アレクセイが嘘を言ったら?」
「明日からアレクセイ自身が困るだけですよ。ひょっとしたら、THE ENDにもなりかねないから、そんなことはしないでしょう」
 ハンスはアレクセイにウインクした。
「では、メインイベントは最後のお楽しみということで、二時間後までにカードをこの中にどうぞ」
 そのようすを見ながらバカバカしいと、ロジァは呟いた。
「アレクセイの本命ね? 一体誰だ?」
 フランツが寄ってきて、わざとらしく言う。
「くだらねー! 俺は帰る」
「まあま、せっかく俺がピアノ披露するんだぜ」
 踵を返そうとするロジァをフランツは止めた。
「それに、当てたら新車ってのは魅力だな」
「車は俺がもらうぜ。あのやろうの魂胆はわかってるんだ」
 ロジァはやけっぱちでそう言った。
 するとフランツは、「ハンスのことか?」とにやつきながら切り返した。
「何で知ってる?」
「昔っからの仲じゃないか」
 フン、とロジァは思う。
「アレクセイ次第ってやつだな」
 フランツはニヤリと笑った。
 やがてフランツがピアノを披露するというのでホールは再び盛り上がり、フランツがピアノの前に座ると、静まり返った。
 ベートーヴェンの『熱情』そしてショパンの『華麗なる大ポロネーズ』。
 アンコールは『愛の夢』で締め括った。
 さて、ハンスの用意した箱の中には、皆がカードを入れたが、ロジァは入れるつもりは毛頭なかった。


back  next  top  Novels

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ