春の夢 1

next  top  Novels


 
 
 
    プロローグ
 
 
「夕べのデトロイト・バックスとニューヨーク・スパークスの試合、お前観に行っただろ?」
 アレクセイが“ボックス”こと『コマンド』のオフィスにやってくるなり、マイケルが言った。
「ああ。何で知ってる?」
 誰にも言ってない筈なのに。
「新聞にドアップで載ってたぜ。横には人気女優侍らせやがって」
 振り返りもしないでケンが声を挟む。
 くっそ、気づかなかった。
 アレクセイは眉を顰める。
「誰が侍らせるか、んなもん。夕べのは、いつかパーティで会ったプレイヤーのピート・サキックに招待されたんだよ」
「きゃあ、ウソ! あの去年ハートトロフィーをもらった、あのサキック?!」
 椅子ごと話に割り込んだミレイユの声は上擦っている。
「ずるぅい! アレクセイってば」
「何だよ、ミレイユ、NHLのファンだったのか?」
 怪訝そうな顔でマイケルが問う。
「そー! もう、私のサキック!」
 ミレイユはすっかり夢見る乙女に変身している。
「じゃあ、今度また招待されたら、チケットまわそうか?」
「きゃあ、アレクセイ! 愛してるわっ!」
 興奮のあまりミレイユはアレクセイに抱きついた。マイケルの爆発しそうな視線を感じて、アレクセイはさりげなくミレイユを離す。
「OK! 君のハニーの分とちゃんと2枚、用意してもらうからね」
 アレクセイはあちこちに立ちそうな角を懸命に取り繕おうと言葉を選んだ。
「アレクセイ、Dr.ヘンダーソンにデータを送ってください」
 まもなく抑揚のない声でボスの司令が下る。
「イエッサー」
 アレクセイはいつになく従順に命令に従う。


next  top  Novels

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ

ようこそ、お立ち寄り有難うございます。お気楽ハピエンBL小説です。