春の夢 12

back  next  top  Novels


 が、それをアレクセイに言ってしまったら、アレクセイという友人すらも失ってしまう気がする、恐いのはそれだ。
 大の男が、まるでガキの心理状態だ。ハンスは内心自嘲する。
 とにかくブルース以来、アレクセイの心を占めている人間はいないはずだと思っていた。
 いないのならこっちのものだ。だが、何となく気になる。
 今回のアレクセイは……。
 女も男をも魅了する極上の身体は、蠱惑的にハンスを引き込んでいく。
 互いの肌が発熱し始めると、ハンスは容易く情念の波に飲まれた。
 
 
 
 出入りのクラブで、アレクセイはケンにもハンスを紹介した。
「しかし、随分若いな、ティーンエージャーまで同僚だとは」
 ハンスの言葉に、ケンがムッとする。
「確かにティーンエージャーもいるが、誰のことを言ってるんだ?」
 アレクセイは笑いながら聞き返す。
「…ティーンじゃないのか? 彼」
 ハンスが不思議そうに訊ねた。
「アレクセイとは同い歳ですよ」
 眉を顰めるケンに、ハンスは口をあんぐり開けてまじまじとケンを見た。
「これは失礼…」
 ハンスはすぐにケンとも打ち解けた。
 だが、ハンスはこの青年を心の中で観察しながら、そうか、相手が同僚ということもありえるわけだ。
 この可愛い青年が相手ということだってありえる、などと思う。


back  next  top  Novels

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ

ようこそ、お立ち寄り有難うございます。お気楽ハピエンBL小説です。