春の夢 28

back  next  top  Novels


 自分もしようもないガキだ、とロジァを見ているだけなのかも知れない。
 愛しいガキを、恋愛対象として愛していると勘違いして、十六の子供を縛っていいわけがない。
 そうだ、俺は心をたくせる相手ではないんだろうから。
 できるのはせいぜい、お前を慰めてやることくらいだ。
「そうすると、ケン、わかったぞ」
 いい加減二人とも酔っていた。
「何がだ?」
「お互い身寄りもなく淋しい境遇でよく似ている」
「似て非なるものがあると思うぜ、俺とお前じゃ」
「あのな…しかしこいつは決定的だ。俺とお前は今は恋人がいない」
「それは確かだ」
 徐々ににじり寄ってくるアレクセイに、ケンはソファの上で後ずさる。
「考えても見ろ、お互い子供じゃないし」
「そりゃそうだ」
「だったら答えは一つだろ?」
「何だ?」
「俺とお前が恋人同士になればいい」
「冗談じゃない」
 ケンは即答した。
「何でだ? 俺が嫌いか?」
「そういう問題じゃない。俺は世界中に敵を作るのはごめんだ」
「何でそうなる?」
「お前に惚れてるやつは世界中にいるだろうからさ」
「何、バカなこと言ってる!! そんなのキスしてみなけりゃわからないさ」
 アレクセイは笑いながら、ケンをソファに押し倒してキスする。
 ケンも酔っているから拒めないでいる。
 そうこうしているうちに、酔っ払い二人はそのまま朝まで眠ってしまった。


back  next  top  Novels

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ