春の夢 3

back  next  top  Novels


 
 
 
    ACT 1
 
 
 ニューヨーク、アッパーイーストサイドの一角、広い敷地内に、周囲を緑と塀で囲まれた白い外装の建造物がある。宇宙開発研究所である。
地上三階建てのこの建物は、実はハイテクを駆使したセキュリティシステムに守られ、地下五階を有するNASA宇宙局直属の研究所だった。ワシントンにある本部の宇宙局長官が研究所長を兼ねている。
 この建物は五つのゲイトを持ち、ゲイトはそれぞれ、E(EAST)エリア、W(WEST)エリア、S(SOUTH)エリア、N(NORTH)エリア、そしてC(CENTER)エリアに通じており、それぞれのエリアは地下二階までを有している。
さらにひとつひとつのエリアはAからFの小さなエリアに通づる通路に別れ、そのセクションごとに1から20地点までのドアで区切られている。
 エリアごとにあらゆるプロジェクトが組まれ、宇宙開発、ロケット開発等に関する研究が進められている。
特にCエリアは重要なプロジェクトを置いているため、厳重な警戒体制を敷いている。
Eエリアには事務局が置かれ、Cエリアには、最新器機が完備された医療施設ががあり、医学プロジェクトもそこに置かれている。
 中心に局長室があり、そこから地下に通づるゲイトがある。
地下には、データバンクエリア、システムエリアがあり、そしてもうひとつここにある宇宙局長官直属の組織『コマンド』が、彼らのオフィスである。


back  next  top  Novels

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ