春の夢 43

back  next  top  Novels


 誰も何も言い返すことができなかった。
「あんたの心配するようなことはねんだよ。マイケルは本気出して殴ってねーし、こいつはある程度避けたんだからよ!」
 ミレイユにロジァはそう言った。
 そして今度はマイケルに向う。
「だいたいな、マイケル、あんた、てめぇの女こいつに取られて、一発殴ったくれーですごすご引き下がるよーな腰抜けかよ? ここでこいつを殴るほど惚れてんなら、とっとと取り返すくらいしろよ!」
「なるほど、公明正大な名裁判官様だ。それで? 俺へのお裁きはどうするって?」
 そう茶化したのはアレクセイだ。
ロジァはジロリとアレクセイを睨みつける。
「んなこた、てめぇの頭で考えろよ」
 冷ややかな声だった。
「ちったあ、頭冷やすんだな。局長に報告してくる」
 ロジァはそう言い残してボックスを出て行った。
 後に残された五人はしばし茫然と動けなかった。
「何か……迫力ね…」
 ようやくミレイユが口を開いた。
 それに答えるように、カテリーナが言った。
「街のゴロツキの大将がついにボロ出したわね」


back  next  top  Novels

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ