春の夢 44

back  next  top  Novels


 今度は皆、カテリーナを振り返る。
「スターリングに無理やりコマンドに入れさせられて…ロジァは、これで本当に辞めるんじゃない? 研究所内で騒ぎを起こした責任を取るとか言って」
「しかし、騒ぎを起こしたのは俺だ」
 マイケルが主張した。
「ロジァはきっと自分が殴ったって言うわね。さっきスターリングが言ったでしょ? ロジァならやりかねないと思ったのよ」
 カテリーナは言い切った。
「それで君はロジァが辞めたら喜ぶわけだ?」
 アレクセイは苦笑いする。
「さあ、どうかしら」
 カテリーナはプイと横を向いた。
 途端、マイケルがボックスを飛び出そうとした。
「待てよ、マイケル」
 ケンがそれを止めた。
「俺がやったって言ってくる! 俺のせいで…ボスが辞めるこたない。実際、この一年、うまくやってたじゃないか」
 マイケルは拳を握り締めたまま出て行こうとする。
「待てっての!!」
 ケンはマイケルの腕を掴み直す。
「頭冷やせって、ロジァが言っただろ?」


back  next  top  Novels

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ

ようこそ、お立ち寄り有難うございます。お気楽ハピエンBL小説です。