春の夢 81

back  next  top  Novels


「ポールから電話で、ロジァが何者かに拉致されたって言うんだ! どういうことか分からないけど、ポールが…とにかく、あれはただのチンピラや、暴走族や、そんなちゃちいものじゃないって! それであんたなら、分かるかもしれないって…! 早く、来てくれよ!」
 アレクセイは血の気が引いていく思いがした。
 受話器を叩きつけると、アレクセイは皆が彼を呼び止めるのも聞かずに飛び出して行った。
 
 

 何なのか分からない。
 背筋が薄ら寒い。
 ベッカー? いや、あの男ならポールはそう言うはずだ。
 アレクセイは猛スピードで愛車をスターリングの家へ飛ばした。
 スターリングの家には、ブラックのポール、ダン、グレンの三人とティムがいた。
 三人が三人ともひどい怪我をしている。
「何があった?」
 アレクセイの問いに、ポールが早口で状況を説明した。
「はじめは見慣れない、どっかのグループだと思った。俺たちが『ヘル・ストリート』の前でつるんでいたら、十台くらいのバイクが現われた。それが何も言わず、ケンカ吹っかけてきやがった。こっちは大勢だから、ちょろいもんだと油断してた。ところが、俺達が喧嘩してる間に、そこにただ通り掛かったと思った黒塗りの車にロジァが連込まれるのを、ヒューが見てた。ロジァが連れ去られた、って奴が言うんで、俺はまさかと思ったが、もうヒューの奴はバイクに飛び乗って車のあとを追っ掛けてった。俺も追っ掛けようと思ったが、そいつらが邪魔しやがって」
「いつだ? どっちに向かったかも分からないのか?」


back  next  top  Novels

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ