春の夢 84

back  next  top  Novels


 アレクセイもその男の顔は覚えていた。
「ヒューか?」
「あんた…が、何で?」
 ヒューは構えてアレクセイを睨み付ける。
「ポールから連絡を受けた。ロジァはどこだ?」
 アレクセイはヒューの横を擦り抜け、次の部屋に入った。
 そこは寝室になっており、ロジァはベッドに凭れて床に横たわっていた。
 腕が血に染まっている。
「ロジァ!」
 アレクセイは急いでロジァに駆け寄った。
 ヒューがやったのだろう、バンダナで上腕部を締め付けてある。
 アレクセイはベッドのシーツを引き千切ると、ロジァの腕のシャツを破り、取り敢えず傷の状態を見てから改めて止血した。
 ロジァは荒く息をつきながら、アレクセイを認めた。
「何で……てめーが……来るんだよ…」
「しゃべるんじゃない」
 アレクセイは他の怪我も見た。
 あちこち打撲があり、ひどく擦り剥いて、頭にも怪我をしている。
 彼はロジァの怪我の応急処置が終わると、ヒューを振り返った。
「お前もみせてみろ」
 無理遣り床に座らせ、ジーンズを破った。
 ひどい出血だった。
 自分でジーンズの上からベルトで縛り付けていたが、血は完全に止まってはいない。


back  next  top  Novels

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ