東京へ行こう -ケン- 27

back  next  top  Novels


 ハンスは首を振り、大きく一つため息をついた。
「でも彼女は知ってた。多分俺より。心の中に誰がいたか。ま、それも一巻の終わりだったけどな。あの坊やだったとはな。今思えば、三年前のレースの時、あの坊やがピットに現れてからだ、それまでぐいぐい向こう見ずでぶっ飛ばしてたアレクセイのハンドル操作が急に堅実になった。おそらく微妙な変化だから昔からあいつを見ている俺くらいしか気づかなかったかもしれないが」
 ケンはハハハと笑った。
「あの時ね。あいつちょっとやけになってたのかもな。俺が妙な忠告したから」
「え?」
「軽い遊び相手を選ぶんなら、親が絡むような子供に手を出すなって。そしたらナイスなタイミングでスターリングからアレクセイにお呼びがかかって」
「息子にかかわるなとか?」
「いや、ほんと、戦々恐々と長官室に行ったら、うちの仕事やるんだったらF1とか危ないからやめた方がいいんじゃない、みたいな」
「なるほど」
「まあでも、あの頃、アレクセイは本気でロジァのことを考えてどうするべきか悩んでいたんだと思う。で、結局ああなった。俺の老婆心も関係ない、あの二人って何ていうか会うべくして会ったっていうか、互いに探していたピースがピタリはまったみたいな、そんな感じ。ハンスやスターリングには悪いけど、何か離れがたい存在なんだと思う」
 ケンはハンスのためにもはっきり言っておいた方がいいと判断して、そう言い切った。
「そうか。いや、俺は二月の段階でもう割り切ったよ。そうとわかって何か憑き物が落ちたような気がした」
 ハンスの声は確かに晴れ晴れとして聞こえた。
「お互い吹っ切ったってことで」
 ハンスはいつの間にか空になっていた二つのグラスに琥珀色の液体を注ぐと、グラスを合わせた。
 コクのある香りのせいでケンはいつも以上飲んでいた。


back  next  top  Novels

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ