東京へ行こう -ケン- 66

back  next  top  Novels


「まな、あんなでかくなきゃ、美女かと思うって」
「アレクセイがどうしたって?」
 ケンは二人を振り返った。
「いや、同僚って言ってたよな。ってことは宇宙局ってことだよな?」
「ああ、そう」
「面白い? どんな連中がいるわけ?」
「まあ、俺にとっては面白い、かな。いるのはほとんど科学者ばっかだから」
「そっか、アレクセイも科学者なんだっけ」
「アレクセイは多趣味だからな。バイオリンなんかもプロ級だし、料理もなかなかの腕前だ」
「へえ……てことはロジァも科学者? ああ、そっか、ケンと同じ、飛び級とかそういうやつ?」
 ケンは苦笑いを浮かべた。
「まあ、そんなとこ」
「千恵美!」
 ロジァが千恵美を呼んだ。
「ヤキトリ、カラアゲ、ネギトロにビール!」
 焼き鳥がロジァは気に入ったらしく、何度目かの追加オーダーだ。
「フフ、ロジァってなんか可愛いよね」
 ケンは千恵美の言葉にしっかり頷いた。
「もう、ガキで」
 千恵美はまた笑った。
「そういえば、ケン、恋人はいる? 結婚とかは?」
 ちょっと酔いもまわってきた千恵美の不意打ちの問いかけに、ケンは一瞬躊躇した。


back  next  top  Novels

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ