東京へ行こう -ケン- 77

back  next  top  Novels


 千恵美はちょっと目を潤ませていた。
「ああ、真美さんによろしく」
 三人を見送ったあと、ケンはちょっとぼんやり突っ立っていた。
「ケン」
 ロジァが呼んだ。
 部屋がある場所が違うため、ハンスとはロビーで別れ、ケンとアレクセイ、ロジァは少し歩いて別のエレベーターに乗り込んだ。
 一階下の階でエレベーターを降りる時、アレクセイはケンを振り返った。
 何か言いたそうな顔をしていたが、ケンはお休みと言った。
 自分の部屋に戻ると、ケンはふうっと大きく息をついた。
 何をする気にもなれず、そのまましばらくベッドに寝転がった。
「なんか……疲れた……そういえば、タクシー代もハンスに払わせたみたいなのに、まだ礼も言ってないな」
 普通に会話がしたいけど、何となくぎくしゃくしている。
 明日のフライト、ちょっと気が重いかも。
 そんなことを考えながらうとうとしたケンだが、はたと起き上がると、シャワーを浴びてバスローグのまま窓辺に立った。
 日本での最後の夜か。
 しみじみ東京の夜景をみたケンは、ちょっとした感傷に浸りつつベッドに入った。
 


back  next  top  Novels

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ