東京へ行こう -ケン- 92

back  next  top  Novels


「たまに門の外に出たりするけどリードがいるし、大抵うちの庭をぐるりと三十分から一時間ほど歩くんだ。塀は高いし、庭で遊んだりしてるから運動量は少なくないけど、ジョーが一緒に散歩するのを楽しみにしているから」
「ほんとにジョーは大切にされて幸せなヤツだな」
 羨ましげな顔ででハンスが言った。
「ニューヨークにはいつまで?」
「ああ、あと何日かは。四月にモーターショーがあってね、その打ち合わせとか」
「ああ、そうなんだ」
 アレクセイが言っていたっけ。
「休み明けの仕事はどう?」
「初日からトラブルで大変だったよ」
 何ということはない話をポツリポツリと交わしながら、ハンスは時折雪に足を取られそうになりながら、夜の庭を二人と一匹は歩いた。
 屋敷に帰る頃には、室内はコートを脱いでも十分に暖かくなっていた。
 ケンはキッチンに行って、ジョーにご飯をやり、コーヒーを入れなおしてリビングに戻った。
「夕方、マンハッタンにいなかったか?」
 二人黙ってコーヒーをすすった後、ハンスが言った。
 ケンは顔を上げた。
 まさか気づいていたなんて思わなかった。
「気のせいじゃない?」
 つい、そんな言葉が口をついて出た。
「そうか。いいんだ。ケンに電話をしようかどうしようか考えたりしているうちに、そんなものもまどろっこしくなって、来てしまったんだ」
 ハンスがさりげなく言った。
「ケン」
 ややあってハンスは深い声でケンを呼んだ。


back  next  top  Novels

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ