東京へ行こう -ケン- 94

back  next  top  Novels


「そんなことを考えていたのか?」
 そういうとハンスはふっと笑う。
「アレクセイのこと妬いてくれてるのなら俺は却ってうれしいけど」
 カッと頭や顔が熱くなったケンに、ソファに膝をついてハンスはにじり寄った。
「華やかなあいつが羨ましいとか、あいつと比べるとか、そんなこと考えてるわけじゃないじゃない、俺はただ人間の思いなんかどうこうすることなんかできないって……」
「その通りさ、だから言っただろう、超高速でケンにいかれてしまったんだ、アレクセイとか誰とか、もうそんな次元じゃないんだ」
 そう言ったかと思うと、ハンスはケンをソファに押し倒していた。
「え…ハンス……!」
 少し抵抗したものの、狂おしいような口づけにケンは次第に思考力も力も奪われた。
 だが、そのうちハンスの手がケンのセーターの中に入り込み、ズボンのベルトにもう片方の手がかかった時、ケンは「ダメ!……ちょ、ハンス、ここじゃ………」と必死に声を上げた。
 ハンスがようやく手を止めたのは、すぐ近くでウウウという唸り声を耳にしたからだ。
 ジョーが今にも飛び掛かりそうな顔でハンスを見ている。
「ジョー! いい子だ。遊んでただけだから、な」
 ケンは起き上り、ジョーを引き寄せて撫でた。
「いい子だ、ジョー」
「恋敵はジョーだったのか」
 ハンスはやれやれと苦笑した。
「だからここじゃダメだって……」
「秋に泊まった部屋ならいいんだな?」
 ケンは顔を赤らめた。
 とっくに身体の奥に灯された火が燻っている。
「おいで」
 ハンスはケンの手を掴み、リビングを出てすぐの階段を上がる。
 ケンはついて来ようとするジョーを振り返った。


back  next  top  Novels

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ