ひまわり 10

back next  top  Novels


 そうだった。
 あの頃はまだ元気の父親も健在だった。
 一年の時からバイクが好きだった優作は、やはりバイクを買ったばかりだという将清と意気投合し、よくつるんでツーリングに行くようになった。
 やっぱりお盆で元気が帰省していたのを知ってて、ツーリングの途中でこの街に寄ったのだった。
 それから、標高千メートルの温泉というのを元気から聞いて、二人で行ったんだっけ。
 すごい山とか雄大で近くて、空気が違くて。
 途中、サルを見つけたりして、近づきすぎるなよ、というのに、将清はどんどん近づいて携帯で写真を撮りまくっていた。
 そこから野麦峠を越えて木曽へ出て………、すごく楽しかった。
 あの頃の写真は山ほどある。
 みんな将清が撮ったものだ。
 安い宿を利用することもあったが、夏などは二人でキャンプすることの方が多かった。
「そうだな。こないだ、キャンプで事故があったけどさ、俺たちよく川原でもキャンプしてた。雨降ってもさ、あいつが大丈夫だ、なんていうと、妙にそんな気がしてさ。運が悪かったら今頃、俺たちいなかったかもな。そんなに甘いもんじゃないだろ、自然って」
「自然はあるがままにあるんだ。だから自然っての。にしたってさ、お前たち二人、いつもセットで見てたからな、俺だけじゃなくて、ゼミの奴らも」
「セット…ってなぁ…ただトロい俺が将清に手引っ張ってもらってたってだけなんだ」


back next  top  Novels

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ