ひまわり 4

back next  top  Novels


 もともと元気の父親がやっていたのは珈琲メインの店だったが、一時紅茶やハーブティーに拘った元気は、美味しい入れ方の講習会まで足を運び、珈琲とともに色々な紅茶のメニューも増やしたようだ。
「今日は将清のやつは一緒じゃないのか?」
 たった今、優作が頭に思い描いていた男の名前を元気が口にする。
 学生時代同じゼミでともに過ごしたのは元気も一緒だ。
「何で、いつもいつもあんなやつと一緒にいてたまるか」
 ついむかつき口調になってしまう。
「喧嘩か?」
 元気が優作の顔を覗き込むようにして訊く。
「だから……」
「元気、アイスオレ二つね」
 優作が何かいう前に紀子がオーダーを伝えたので、元気はカウンターの中に引っ込んだ。
 元気がそんなふうに訊くのももっともな話かもしれない。
 優作たちは就職、元気は大学を卒業してもしばらくバンドを続けていたが、父親が亡くなってやがてあっさり後を継ぐためにバンドをやめて帰郷してしまった。
 にもかかわらず、互いに悪友だったという関係からか、同じ会社の同僚よりも元気と話すことが多い。
 主に長電話の相手は元気だ。
 あまり使わないメールも元気に送るくらいである。
 ああ、そう、ついでに将清もいるが。


back next  top  Novels

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ