雪の街1

next  top  Novels


 川口朔也が人気ロックグループ『GENKI』のメンバーと出合ったのは、CF制作発表が行われたホテルでのことだった。
 かたや俳優、かたやミュージシャンとしてお互い存在くらいは知っていたが、もっぱらライブ中心で活動し、TVにはあまり顔を出すことのなかった『GENKI』と朔也がすれ違うことさえ早々あるわけではない。
「GENKI、か。何か、誰かを思い出す名前だな~」
 ボソリ、と朔也が口にする。
「え、何が?」
 傍に寄り添うマネージャーの西本が聞き返す。
「あいつだっけ? ボーカルの一平って。真ん中のカッコつけてるでかいやつ」
「ああ、そうそう。かなり無愛想で有名だよ。ライブとかも機嫌が悪いとすっぽかしたり。誰かさんとどっこいどっこいの気まぐれ屋らしい」
「誰かって俺のことかよ」
「ライブ中心で活動してるからほとんどTVとか出ないんだが、ここんとこ、珍しくTVの音楽番組に出たり、しかも気難しいリーダーの鈴木一平が、年末のNHK紅白の出演、OKしたって話題になってるよな」
「へえ」
 世界に誇る自動車メーカー『東京自動車』がアメリカやヨーロッパで売り上げを伸ばしている高級車のCFである。
 朔也は女優の長谷川美香とともにそのイメージキャラクターに起用された。
 川口朔也といえば、デビュー当時から喧嘩っ早いトラブルメーカー、或いは超クールな美貌で女優やモデルとの噂が絶えず話題を提供してきた。
 だがそれはそれ、今や俳優として人気、実力ともに揺るぎない地位を築きつつある。
 そのCM曲を担当するのが『GENKI』である。
 この豪華な顔ぶれにTVの取材陣も殺到し、会場内は熱気とカメラのフラッシュで溢れ、ホテルの外にはどこからかぎつけたか、『GENKI』のファンが押しかけていた。
「くっそ、何とかしろよ、あの人ごみ」
 発表とインタビューが終わったところで、一平の声が朔也にも聞こえてくる。
「俺に言うな」
 そう切り返したのは、リーダーのくせに口が重い一平に代わり、スムースにインタビューに答えていた、マネージメントもこなすベース担当のみっちゃんこと古田光彦だ。


next  top  Novels

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ