雪の街16

back next  top  Novels


 イブは二人で過したい、だなんて。
「おい、松田もくるのか? やつと今でもつるんでるんだ? 確か、建築事務所かなんかにいるって言ってたな。よおし、そしたらライブ終わったら、山崎とかも呼んで盛り上がろうぜ!」
 朝倉はもうやる気満々だ。
 この分だと、二人きりってのは無理そうだぞ、清隆。
 朔也はくすっと笑う。
「松田もお仲間なん? あいつ、昔は女にふられるたびに、元気んとこきてたけど、ここんとこ見ないね。またアフリカでも行ってたの?」
 歯に衣着せぬ言葉で、紀子は言ってのける。
「紀ちゃん、またそういう悪口雑言はダメ」
「だーって、事実じゃん。松田ってさ、見てくれはいいんだけど、でかい図体で猪突猛進っつーか、あれじゃ、女の子も引くよねー」
 元気に窘められながらも的確に清隆像を判断している紀子に、朔也はつい噴き出した。
「確かになー」
「ひょっとして、あれじゃねー? ほら、あいつ、高校ん時、野村亜紀とつきあってたやろ?」
 朝倉が古い話を持ち出した。
「ああ…」
 あの頃の、特に野村のことは今でも、朔也にはほろ苦い思い出だ。
「野村は名古屋の短大出て、二年で嫁に行っちまったし、ひょっとして野村のことが忘れられんのじゃね?」
 朝倉が言った。
「あいつ、あれで、結構純情なとこあるからな」
 朔也は苦笑いを浮かべた。
「野村って、今どこに?」
 つい聞いてしまう。
「名古屋。子供が二人。旦那は名古屋で開業医やってる」
「よく知ってんな。何、お前も実は野村のこと好きだったりして」
 ちょっとほっとした自分に、朔也は我ながら情けなくなった。
「バッカ言え!」
 そう言いながらも朝倉は見事に真っ赤になっている。
「俺のカミさん、藤井康子だよ。野村と仲良かったろ」
「カミさん、藤井か。あの超明るい」


back next  top  Novels

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ