雪の街17

back next  top  Novels


 朔也は賑やかな少女を思い出した。
 クラスメイトの名前があがると、当時はさほど話したことがないのに何となく懐かしくなる。
「ええ、やっちゃんのこと知ってるの? 遠藤さん」
 紀子が聞きつけて口を挟む。
「三年のとき、同じクラスだった」
「えーー、でも遠藤なんていたっけ。やっちゃんち、斜め向かいだから、仲いいんだけど」
「ああ、俺って、引っ込み思案だったし」
「うそつけ、こんにゃろめ!」
 うそぶく朔也に、すかさず朝倉がヘッドロックをかけるマネをする。
「今度、やっちゃんにきいてみよ。あ、そだ、ねー元気、明日、お店お休みでしょ? スキー行くんだよね? あたしも行く。克典、明日やっぱ仕事だって」
「残念でした、明日は元気は、俺とスキーなの」
 朔也は紀子にしっかと宣言した。
「遠藤さんだったんだ、先週、急に元気にスキー教えろって言ってきたのって。言っときますけど、元気に教えてもらいたいコわんさかいるんだから。一人抜け駆けは許さないわよ」
 紀子は不遜に言い放った。
「悪ぃな。明日はウェアとかも一緒に買いに行くことになってんの」
「初心者が元気と滑ろうなんて、百年早いんじゃない?」
「元気をお前の克典とやらの代わりにしようなんざ、図々しいって」
「あんたに、克典のことをとやかく言われたかないわよ」
「たらたら、うぜぇんだよ!」
 一瞬、しーんと静まり返る。
「あれ、今の台詞、どっかで聞いた……」
 紀子が急に考え込んだ。
 つい、口にした台詞。
 人気ドラマの中で、朔也が口癖になっている言葉をアドリブで使ったものが評判を呼んだのだ。
 普段は冷たくクールな弁護士が、往生際の悪い犯人を追い詰める時の常套句だ。
「紀ちゃんも遠藤さんもいい加減にしなさい! よし、じゃあ、ステージ作るぞ。紀ちゃん、closedに変えてきて」
「はあい」
 ようやく元気がエスカレートする二人の間に入って場をおさめる。


back next  top  Novels

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ