桜の頃 8

Home ◆ 京助x千雪Top ◆ back ◆ top


 

「知ってるんやで? 俺は。生徒会ずっとやっとったからな、いろんな情報が耳に入ってくる。お
前が千雪の知らんとこで、えらい目におうてたのも」
 研二は黙り込む。
「俺は、お前も大事なダチや思とる。せやから言うんや。お前が何で金沢選んだか、俺はわかる気がする。けど、ほんまにそれでええんか? お前は」
「ええも悪いも、これしかないんや」
 きっぱりと研二は言った。
「きっついな、お前」
 三田村は静かに言った。

 

「えええ、小林先輩、誰にやらはったんです? 第二ボタン!」
「答辞読まはった時、もうなかった!」
「うっそー」
「小林先輩、うちと写真撮ってください!」
「うちも!」
 各クラスの記念写真が終わったあとは、在校生卒業生入り乱れての別れの挨拶で騒然となった。
 しかも、人気のある卒業生の周りには下級生がどっと押し寄せ、もみくちゃになった。
 案の定、一年、二年の女子に囲まれていた千雪だが、今度は剣道部の連中が取り囲む。
「先輩ぃ、俺らと一緒に記念写真お願いします!」
「ちょお、待て、て、引っ張るな、こら」
 でなくても、勝手にどこからかフラッシュがたかれる。
「千雪!」
 そこへ研二がやってきて、千雪を下級生の群れの中から引っ張り出してくれた。
「ふう、参ったで」
「やっぱ、心配になってきた」
「せやから、完璧な秘策があるんやて。心配せんでええ」
 研二を見上げて、千雪は断言する。
「あてにならんな」
「大丈夫やて。あちこち挨拶すんだ? 研二」
「済んだ」
「ほな、もう帰ろ」
「ああ」
 二人は並んで、懐かしい学び舎をあとにする。
 電車の中では、二人とも無口になり、たまにぽつりぽつりとどうでもいいことを口にする。
 いつもの道を、家へと向かう。
 やがて研二のうちである『やさか』の看板が見えてきた。
 研二は金沢では老舗の菓子屋でバイトをする、という。いずれは三代目を継ぐと決めているからだ。
 研二のうちから三軒先に、千雪の家の古い門が見える。
「ほなな、あとで」
「おう」
 歩き出した千雪の背中に、「千雪」と研二の声がかかる。
「何?」
「あんな、もし、何かあっても、俺がついとるからな、がんばれ」
「何やねん、あらたまって。ほな、同じことを俺もお前に返すわ」
 千雪は笑い、手を振った。
 研二も手を振った。

 ―――もう随分昔のことになる。
 だが、未だに色褪せることなく、二人の胸の奥に焼きつけられた心象風景――――。

 やがてグラウンドの桜が花を咲かせる頃、二人は金沢と東京で新たな一歩を踏み出した――――。
                           

 (小林千雪と黒岩研二の高校時代のエピソードです)


Home ◆ 京助x千雪Top ◆ back ◆ top

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ

ようこそ、お立ち寄り有難うございます。お気楽ハピエンBL小説です。