花のふる日は 107

back  next  top  Novels


 弱い犬ほどよく吠えるもんだなどと、京助は胸の内で自嘲する。
 だが、ここで情けをかけるつもりなど毛頭ない。
 でなければ土壇場できっとこの男に持っていかれる。
「お前が守るべきはうちにいる奥さんだ。誰でもない、お前が決めたことだ、そうだろう?」
 しばし二人は睨み合った。
 京助には怯むつもりはなかったが、先に視線を外したのは研二だった。
「帰ります」
 あっけなく研二は白旗を揚げたかに思われた、その時。
「けど、俺はいざとなったら、何もかも捨てる覚悟はとうにありますよって」
 じっと京助を見据える研二の目は、清清しくさえあり、京助は思わず息を呑んだ。
「研二? もう、帰るん?」
 その時、ドアが開いて出て来たのは千雪だった。
「おう、久しぶりに元気そうな面拝めたからな」
「お前こそや。せや、予定日近いんやったな? 奥さん、大事にしたり」
 優しい笑顔とは裏腹に、研二の拳が再び握られるのに気づいたのは京助だけだった。
「ほならな」
「ああ、またな」
 研二は千雪の顔をしっかり見つめてから、門へと踵を返す。
「あ、雨強なったで、研二、傘……」
「走って帰る」
 千雪の声を背中で遮るように門まで研二はゆっくり歩いた。
 門を出たところで、しかし、研二は立ちつくした。
「………千雪……」
 搾り出すように口にした呟きは、誰に届くこともなく雨の中に吸い込まれた。


back  next  top  Novels

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ