花のふる日は 28

back  next  top  Novels


 いきなりテーブルの近くで声がして、千雪は驚いて振り向いた。
「あ…おおきに。ノックくらいしはったら?」
「しましたけど、空調の音で聞こえんのでしょう」
「はあ…そうか……ほな、いただきます」
 千雪がソファに座って、食事に取り掛かると、老人は黙ってカップに紅茶を注いだ。
「ここかなり古いみたいやけど、築何年くらい?」
「さあ、明治の終わりとか聞いとりますが」
「ほな、百年は軽く経ってるわけか」
「耐震補強も一応去年やりましたんで、まだまだ使えます」
「へえ……」
 すると老人はスリッパをもってきて、千雪の前に置いた。
「どうぞ」
「ああ、おおきに」
 裸足で歩き回っていた千雪は、遠慮なくそれを履いた。
「家の方にはちゃんと連絡しましたかい?」
「え?」
 何やらその怪老の口から出た言葉にしては不似合いな気がして、千雪は一瞬戸惑う。
「あ、いや、俺、ひとりやし。親、もういてないから」
「そう、ですかい。今日は月曜日ですが、学校はええんですかい?」
「今、まだ春休みやし……それよか、あのおっさん、どこ行ってん?」
 老人は千雪の平らげた皿をトレーに戻していたが、しばしの間をおいて答えた。
「社長のことですかい? 社長は中軽のホテルでロケがありまして、そっちに行っとります。夕方までは戻らんと思います」
「ふーん……ロケねぇ……」
「夕飯は何かリクエストがあったら、言ってください。材料配達してもらいますんで、四時くらいまでには」
 紅茶のセットだけを置いて老人が出て行くと、千雪は「なんか、まともやん」と呟いた。
 いずれにせよ、せっかくこんなところに勝手に連れて来られたからには、いっそゆっくり静養させてもらわないことには、気がすまない。


back  next  top  Novels

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ