花のふる日は 6

back  next  top  Novels


 
 
      ACT 2
 
 
 久しぶりに訪れた原の家では、伯父や伯母、それに小夜子がいつものように千雪を歓待してくれた。
 一家と千雪とで夕食に中華を食べに行き、家に戻ってきて、今度は小夜子の焼いたケーキをデザートにいただくことになっていた。
「千雪ちゃん、お待たせ! 絶対美味しいわよ」
 フリルのエプロンで自作のケーキを掲げて現れた小夜子は相変わらずきれいだが、天然な性格がともすると敬遠されそうな美しさに可愛らしさを加えて、おっとりすんなり育った正真正銘のお嬢様という雰囲気は相変わらずだ。
「ほんまや、美味いわ」
 ケーキを一口食べて千雪が言うと、小夜子は「でしょ?」と得意げに笑う。
「そりゃ、美味しくできるまで、どれだけ失敗作を食べさせられたと思う?」
「やだ、ばらしちゃだめよ、お母さん」
 最近髪に白いものが目立つようになってきた伯母の正子の言葉に、小夜子が口を尖らせてちょっと睨む。
「いやあ、私もしばらくチーズケーキは遠慮したいかな」
 小夜子によく似た目元を細めて、伯父の俊一郎が紅茶をすする。
「そんなに作ったん? チーズケーキ」
 千雪も笑いながら小夜子に聞いた。
「前に函館で食べたチーズケーキの味がどうしても出なくて、ちょっと頑張ったのよ」
 小夜子の言葉はしばしみんなの顔から笑顔を取り上げる。
 そうだ、ここにも未だ癒えることのない悲しみが存在したのだ。
 千雪は小夜子の心を思いやる。
「お茶、いれなおしてくるわ」
 二年の歳月は当の小夜子にそれでも何とか少しずつ笑顔を取り戻させたようだ。
 千雪が大学三年の時、ちょうど推理小説で賞を取ったり、事件に巻き込まれたりして大騒ぎされた秋に、小夜子は以前からつき合っていた記者の川村猛と結婚した。
 だがたった一年余りで、二人の幸せは崩れ去った。


back  next  top  Novels

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ