花のふる日は 95

back  next  top  Novels


 おそらく千雪自身はわかってはいない、艶やかな吐息と同時に触れたものを狂わすような色香を放ち、京助はそれに囚われて身動きできなくなる。
 ふとした時にその首に置いた指に力を込め、千雪を殺してしまいたくなる。
 狂気などどこにも存在するのかもしれない。
 千雪を殺して我と我が身を呪い、絶望とそして永遠に千雪を己のものにした悦びに狂い、己の命を絶つ自分が見える。
 殺人者の狂気は、歯止めが利かなくなったところで一気に加速する。
 かろうじて京助の中に残っている理性が、京助を殺人者とすることを阻止しているだけだ。
 工藤という男の出現は、京助にこの京都にいるあの男のことを改めて再認識させた。
 さらに、己の中の千雪に対する凄まじいほどの恋情を思い知らせてくれた。
 こんな思いは少なくとも今まで知らなかった。
 
 好きなんて生易しいもんじゃない、覚悟しろよ、千雪。


back  next  top  Novels

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ