誰にもやらない1

next  top  Novels


 ゴトンゴトンと規則正しい地下鉄の音が、もたれかかったドアから伝わってくる。
 この路線もさすがに昼間はさほど混んではいない。
 駅で停車するたび、開かない側のドアのガラス越しに見るともなく覗き込むと、灯やホームが映し出されていた。
 そこには別の世界が広がっているようで、灯はすぐそばで揺れているのに、指を伸ばしても届かない。
 触れられないもどかしい遠さに気づかされる。
 それに似た苦い感情が不意に蘇るのを覚え、西口浩輔はちょっと息をついた。
 やがて地下鉄が次の駅のホームに滑り込むと、浩輔は改札をくぐり、地上への階段をあがってすぐ目の前にあるペットフードの会社へと向かう。
 電車の中は暑いくらいだったが、さすがに十二月ともなれば刺すようなビル風が吹きすさぶ。
 葉を落とした街路樹に目をやると、寒さが倍増するような気がして、浩輔は大きめのトートバッグを肩に掛けなおし、チェスターコートの襟を寄せた。
 浩輔が広告代理店ジャスト・エージェンシーにデザイナーとして入社してから一年になる。
 ペットフードの広告の仕事は、上司の佐々木から引き継いで半年、何やらのほほんとした性格がクライアントの女性担当者に気に入られたようで、今では浩輔のライフワークとなっていた。
 ポケットで携帯が鳴ったのは、ちょうど打ち合わせを終えて外に出た時だった。
「はい、あ、佐々木さん。C社ですかぁ? まあ、ここから近いけど……わかりましたぁ」
 携帯をポケットにしまうと、浩輔は二ブロック先にあるC社に足を向けた。
 米国の大手自動車会社の輸入販売会社C社は、ジャスト・エージェンシーの大事なクライアントであり、デザイナーとして佐々木がその仕事の大半を抱えている。
「ジャスト・エージェンシー様ですね、担当の者からこちら預かっております」
 受付で佐々木に頼まれた資料を受け取ると、にっこり微笑んでいる受付嬢に浩輔もにっこりと返し、入り口のガラス張りのドアへと向かう。
「……ゆき、何でついてくるんだ」
 男の声に反射的に振り向いた時、スーツの後姿がエレベーターに消えるところだった。


next  top  Novels

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ